デジタルウェルビーイングとは

デジタルウェルビーイングとは

テクノロジーは味方に付けると、情報の取得、共同作業を便利にすることができます。

一般の人はオンラインメディアの閲覧に1日6時間費やすと言われていてスマートフォンは50回以上チェックすると言われています 。
下記の様な頻繁に更新され商品(機械)の登録数がおおいサイトだと閲覧してるとあっという間に時間が経過しますよね。中古機械買取・販売のナカガワマシン

その中でも、どれくらい質の良い時間を過ごしたかが大切で いかにテクノロジーを味方に付けて価値をフル活用しメリットを最大限に活かしテクノロジーと健全な関係を構築し維持することで目標達成を行うかが重要です。

テクノロジーの利用習慣を管理することでメリットを最大限に活かすことができます。それは仕事の場合集中して効果的に業務に取り込むことが出来ます。仕事だけに集中できれば業務と生産性の効果が上がります。複数のデバイスを使うとマルチタスクになると思いがちですがそれは違います。複数のことを同時に行うと認知能力は著しく低下します。いろいろな画面を見ることや画面をきりる変えて業務を行ってるときは実はあまり集中できていません。

例えばメールの通知を受けると、たいていの人はそちらに気が行きます。一度途切れた集中力を元の状態に戻すには最大25分かかると言われています。だから管理できていないメールの通知は受け取らないほうが無難です。
また会話中に電話が掛かってくると人々は会話の質が低下すると感じ目の前の人に共感できなくなります。会話で重要なことは目の前の人に集中することです。デバイスの電源を切ることによって自信の心そして体を休めるために大切で睡眠の質の向上にも繋がります。

重要なのは時々休憩をしながらゆっくりと過ごすことでありそうすればオフラインに戻るときに効率性がとても上がります。気にせず休憩を取ってオンラインの時間を充実させましょう。

簡単にいうとテクノロジーに振り回されないために自分とテクノロジーの関係性を把握して集中力を高めるための環境を作り習慣付けましょうということかな。

メニューを閉じる